スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船乗りクプクプの冒険

20090718161306.jpg

こないだ、本屋の文庫コーナーを歩いていたら、
毎年恒例、夏の文庫フェアをやっていて、
いろんなジャンルの本が、ぶわ~っと並んでたの。

「うわっ!
 船乗りクプクプだっ!
 懐かし~っ!!!」

大昔に読んでた本。

これ、知ってる?

子供の頃、よく読んでた童話で、
はちゃめちゃ面白い本なのに、
そういえば、長いコト、見掛けなかったのだ。


復刻版らしく、
初版は・・・おっと! 私が生まれるより、前じゃん!

あまりに懐かしかったので、
ゲットして、読んだら、

「土人」って単語が、あちこち連呼されていて、
嗚呼、それで、しばらく、出版されてなかったのね・・・と、
妙に納得。

「ちびくろサンボ」とかさ、
差別に名を借りた、理不尽な言い掛かりで、
長らく絶版になってたじゃない?

私より前の世代だけど、
ダッコちゃんってのも、販売やめたんだよね?

あの流れに、巻き込まれたとしか、思えない。

やー、でも、
帰って来られたんだね!
おかえり~っ!!!


北杜夫は、
誰でも知ってる、超有名な作家だし、
代表作が、他にいろいろあるのは言うまでもないけど、

三つ子の魂百まで。

私の中では、

北杜夫と言えば、船乗りクプクプ、
歌人・斉藤茂吉と言えば、クプクプの作者のお父さん、

って図式が、頭にぱっと浮かんでしまうくらい、
懐かしい本なのでした。

何十年ぶりかは計算しませんが(笑)、
再会できて、嬉しゅうございます。


今読んでも、面白かったよ。

宿題やってる小学生のタローがね、
気分転換に、
買って来てた本を、こっそり、読むの。

キタ・モリオって作家の書いた、
「船乗りクプクプ」って本なんだけど、

この本の3ページ目を開いたら、
おっと、びっくり・・・


ってぇ、話♪

機会と興味がありましたら、是非!



今夏の、この出版社の景品は、
一昨年に配ってたのを、ちょっとリニューアルした、
(去年もやってたのかな?)
ホンノムシのストラップ。

一昨年のは、ムシだけだった所に、
2つセットでジョイントできるモチーフが追加されてるんだけど、

どれが当たるか分からない、
個別包装してあるのを引くスタイルなので、

ジョイントさせる為には、
最低2冊。

ストラップの種類は、4組8種類だから、
凸ばっかり、凹ばっかりって、引き方する場合も想定したら、
相当たくさん買って、
ばんばんストラップ貰っても、
全くジョイントさせられない可能性も、あるわけだ。

ゲーム性と考えれば、
ムキになって、いっぱい買っちゃう人も、いるのかな?(笑)


ただ、肝心の、ムシ君の表情が、
一昨年のより単調で、
手に持った持ち物の作りが、安っぽい感じなのが、

こーゆーセレクト物の本には、
せいぜい1~2点しか、欲しいと思うのがない私には、
残念かな~って、思いましたわ。

ここのキャラクター、可愛いし、
一昨年のは、ホント、出来が良かったのよ。
無印良品の、目印を下げられるペンに付けて、
愛用してたんだもん♪

だけど、
今年の子は、無理だなぁ。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

北杜夫といえばドクトルマンボウ。
読んでないけど。

あの妙な逆差別は不愉快ですね。
出版側ももっと抵抗してもよかったんじゃないかな。
あんなことで名作がうずもれちゃうのはもったいないです。

☆ こみ様 ☆

逆差別、全くもって同感。不愉快ですよね。
まぁ、いくら昔の、女性がズボンを履くのを悪しとする慣習が直ったからと言って、
その逆に、オジサンがスカート履いて、るんるんるん♪ってのは、埋めちゃえ~とか、思っちゃうんですが。
ある意味、名作ではあるんですが・・・

ちょっと古めの2時間ドラマの再放送とか、
一時期、ピーーーばかりで、台詞の分からないのがあって、
首を傾げて見てた覚えがありますわ。
    たまご時計
10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
プロフィール

くすか

Author:くすか
服着て歩く好奇心♪
自分で描いた旅行記マンガを引っ提げて、時たま、同人誌即売会に出没中。
にゃごや~在住。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◇無料占いアイテムはここから!◇
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。