スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュロのホウキ♪

引き続き、
蔵出し、松山・内子の旅行記。最終回。

最初に、インターネットで、内子の下調べをした時から、
ここには寄るぞ~! と、思ってたのが、
街並保存地区の通り沿いにある、長生民芸店

ながいけさんと、読むらしい。

20090709225956.jpg

去年の8月に、
メイン・ルームがフローリングの、
今の部屋に引っ越して以来、

この旅行は去年の11月だから、
引っ越して3ヶ月目だったわけですが、


掃除にはもっぱら、ホウキを使っていたのですね。

で、使えば使うほど、
ちょっとした不満も出てくるし、

いろいろ調べると、
シュロのホウキなら、
埃を立てずに、細かいゴミまで掃ける! とか、
繊維が細いから、畳の部屋も掃除ができる! とか、
聞いちゃうと、
(ウチ、畳の部屋もあるの。)
シュロのホウキが、欲しくてね。

だけど、高いんですって。

あんまり、売ってるトコ、ないしね。


ところが、
このお店では、憧れのシュロのホウキが・・・

え?! 600円から???

思わず、目を、ごしごし。

そんなわけで、
両親を引率しての、内子散策。

ここの看板を発見と同時に、ワタクシ、ぴゅーん。

店頭には、本当に、
見るからに、作りのしっかりした、シュロのホウキが、
10本くらいも、掛かっていて、

斜向いの土産物店に、コーヒー飲みに入ってしまった父ちゃん母ちゃんを尻目に(笑)、
店頭で、うっとり。

うっとり・・・する間もなく、

店の中から、おっちゃんが出て来たけど(笑)。


この、おっちゃんが、
ホウキやら、
たわしやら、
小さな小さな草履やら、
いろんなモノを作ってる職人さん。

県で認定された、えひめ伝統工芸士で、

自称なのか、認定されたものなのか、
いまだ、定かじゃないのですが(笑)、
人間県宝なんだそう。

結構、押しの強いキャラクターで、
職人さんだと知らなかったら、
うっかり、ドン引きしてしまいそうです(笑)。


ホウキの穂先を、感心して眺めてた私に、
開口1番、
こういうモノの選び方は、
作ってるヒトしか、知らないんだよ
 って。

まず、ホウキを手に持って、
穂先を下に向けて、振ってみなさい
 って。

軸の竹の太さや重さが、1本1本違うのと、
使う人、1人1人の体力や体格、
どこで、どう使うのかが違うので、
持ってみないと、
どれが、その人のベストのホウキかは、分からないから、

片っ端から、
手に取って、振って見なさい って、
言われたのだ。


振ってみると、納得。

軸が太めで重いのは、
低い場所、広い面積を掃除するのに、楽そうです。
軸の重さで、ホウキを振れるので、
その力が、掛からないの。

だけど、重いから、
長時間、お掃除を続けるには、
重さで、疲れてしまいそう。

箸より重いモノを持ったコトがないヒトは、勿論、
ボーリングで、軽いボールしか投げられないヒトにも、
これは、結構、キツいかも。


逆に、細身で軽いホウキはね、
自分の腕力だけで、振ってやらなきゃ、掃除にならないけど、

長時間、持ってられるし、
ちょっと高さのあるトコとか、掃除する機会が多いなら、
断然、こっちが便利な気がする。

狭いトコで使っても、埃が立たないので、
バスガイドさんが、バスの中の掃除用に、よく買ってくんだよ と、
おっちゃん、教えてくれたけど、
そんな用途なら、
きっと、こっちの軽い方なんだろな~。


私が掃除したいのは、
フローリングの床と、畳の部屋で、

私の腕力は・・・
ええと・・・

30kgのスーツケース +アルファ を下げて、
自力で階段を降りられる程度だから・・・

ま・・・まぁ、

標準?

そんなわけで。

我が家には、ただいま、
太からず細からず、
中くらいの太さのシュロのホウキがいて、
活躍しています。

お値段、ジャスト600円。

20090709225948.jpg



ちなみに、こっちは、
内子に行った4日後に行った京都で、

たまたま、前を通った、

20090709225954.jpg

三条大橋のトコにある、
すんげー有名な、ホウキやたわしのお店です。

地元のハンズの京都物産展で買った、
ここのたわしはわたしの愛用品♪

で、
私が内子で買ってきた子と、同じくらいのホウキが、
ここでは確か、
3000円以上したと記憶してたんで、
思わず駆け寄って、
なんぼくらいするのか、確認しちゃったら、

20090709225951.jpg

5000円以上もするのね!

びっくり仰天。

場所柄とか、お客が多いのもあって、
仕方ない値段なのか・・・な?

長持ちするモノだから、
まぁ、買いたい人は、この値段でも、
買うわなぁ。。。



で、気になってるヒトも、いるかもしれませんが、

ウチの、内子のホウキちゃんは、
小さな小さな飛行機に、手持ちで乗り込んで、
手ずから、
大事に大事に、担いで帰りましたよ。

案外、イケるもんでございます(笑)。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤い棒の正体

台湾からの飛行機に預けて、持ち帰った、 赤い柄のホウキ。 2年前の台北旅行、 西門町の「阿宗麺線」の店の前に、 全く同じのが、立て...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんはー。

何てお買い得なのかしら♪
でも内子は遠いですね。かといって其処よりは近い京都で5000円だと、良いモノと分かってても買い渋っちゃいます。
その値段で空を飛んだり自動で掃除してくれる魔法のホウキだったら即買いますけど(笑)

ホウキじゃないですが、私は台湾で衝動買いしたロールアップ式の簾を機内持ち込みで帰った事あります。
しかもたまたまビジネスクラスに格上げされ、落ち着いた雰囲気の中で大荷物な私は明らかに場違いでした…
その簾は今も部屋で大活躍中です!

☆ 紫穂花ちゃん ☆

おはよー♪
内子はねぇ、ええトコなんだけど、遠いっすよ(笑)。
松山からのJR往復で、5000円近くかかる。
旅行には良い場所なんで、ついでの折りに、どーぞ。
そうそう。
私達、内子駅に向けて歩くルートで観光してたんだけど、
終わり頃、母ったら、「そのホウキに乗せて~」なんて、言ってたわよ。
自転車に乗れないのに、ホウキは運転できるのかしらね?(笑)

台湾からも、ホウキのお持ち帰り、やったけど、
それは、多少、扱いが乱雑でも問題ない作りのだったんで、
スーツケースと一緒に、預けちゃった(笑)。
預けカウンターと、セントレアの税関で、目を丸くされた。
でも、せっかくの非日常の中だから、そーゆーの、こっちも、わざと楽しんでるよね?(笑)
台湾ホウキは、ベランダのマスコットとして活躍中~!
激安だよ!
しっぽかちゃんも、次の機会に、1本、いかが?

無電気

ほうきが欲しいんですよ。
部屋の隅に埃がたまってるんだけど、
掃除機が嫌いなので。
第一にやかましいし、
コードがうっとうしいし、
あちこちにゴチゴチぶつかるし・・・

で、とりあえず手ぼうきだけ買いました。
シュロじゃないけどね。
大きなのは失敗してはいかんと思って買えずにいます。
600円ならなあ。

☆ こみ様 ☆

ホウキはホント、フットワークが軽くて便利です。
静かなので、丑三つ時にも掃除ができますよ。。。やらないけど(笑)。

シュロは使い易くて、お薦め♪
こーゆーの、ロハス志向の大枚叩ける都会のお客さんに知られてない店が、結構、田舎の方に、埋もれてる気がするんです。
内子以外にも、1ヶ所、聞いた記憶があるんで、
三重県の山奥にも、人知れず、そーゆーのを作ってる職人さんとか、いても驚かないですよ?
ポスト探しのついでに、探してごらんになりませんか?(笑)
    たまご時計
10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
プロフィール

くすか

Author:くすか
服着て歩く好奇心♪
自分で描いた旅行記マンガを引っ提げて、時たま、同人誌即売会に出没中。
にゃごや~在住。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◇無料占いアイテムはここから!◇
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。