スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅のパイ

20090402172441

台北の、迪化街・・・
乾物屋街に近い、老舗のパン屋さん、十字軒で、
中華菓子を、わしわし買って帰ったの。

これは、梅のパイ。



続きを読む

スポンサーサイト

海苔クッキーと乾燥剤

20090323224220

まだ、10時をやっと過ぎたばかりの、
朝の台北の街中。

下町の市場やお粥屋さんならともかく、
お洒落エリアの普通の店は、こんな時間には、開いてません。

そんな街を、てけてけ歩いておりましたら、
きらきら明るい店構えの、可愛らしい店が、
通りに、ぽつりと、営業中。

まぁっ! と、思わず入ってしまった観光客は、私。

陳列される商品を見て、
まぁっ! と、ちょっぴり後悔してしまった観光客も、私(笑)。

「糖村」っていう、
とても立派な、洋菓子店だったんですけどね、

高いのっ! お値段がっ!

いえ。訂正。
私が行く店にしては、えらく高いお店だったのでした。

商品価格、日本の洋菓子店と、大差ないんだもん。
日本でなら、たまーに行く・・・かもしれないけど、
台湾で、わざわざ行くタイプの店では、なかったの。

だけど。



続きを読む

物価高騰?

20090321180251

これは、台湾からの、お買い物。

肉そぼろ缶詰

・・・に見えますが、

お肉は、どんなに加工してあっても、
れっきとした、海外からの持ち込み不可物品(笑)。

この缶詰の正体は、
税関も検疫も、威張って通れる、
正真正銘、天下無敵の、持ち込み全然おっけー♪な、

うそ肉そぼろ。

目印は、  の文字。

台湾お得意、
精進料理向けの大豆加工品を、
肉と同じ味付けにした缶詰で、

正直、肉そぼろって、味付け濃いでしょ?
肉じゃないって、知ってて食べても、
私、それほど味覚が不確かな方じゃないとは思うけど、
ホントの肉そぼろとの違いは、分かんないんですよ。

で、ある以上、
リスクを冒して、ホント肉を持ち込む必要なんか、ないじゃん!(笑)
というのが、
私の出した結論で、

うそ肉そぼろ缶詰は、
定番お持ち帰り品になってるのです。

しかも、どうやら、
高級店で高いのを買わなくても、問題ないらしい と、
判明したのは、2年前の台北。

続きを読む

くだものなのだ

20090320103042

これは、台湾で見つけた、くだもの。


今までも、
ひょっとしたら、
台湾で出会ったコト、あったのかもしれないのだけど、
その辺は、よく分からない。

いつも短期滞在だし、
同じ季節に出掛けたとしても、
その年の気候で、1番出回ってる果物って、
違ってくるもんね。

ただ、濃厚な香りと、鮮明な色合いの、南国フルーツ達に囲まれると、
いたって地味な、
つるんと控えめな風貌なのは、間違いなく、

今回も、

民権西路の駅近く、双城夜市の、果物屋のおっちゃんが、
単語の羅列だけの、たどたどしい日本語で、
このヒトの名前を教えてくれなければ、

隣りに、ちんまりと置かれた、
確実に美味いのを知ってる釈迦頭ちゃんに、私の目は釘付けで、
この子は、スルーされていたような気がします。

何故、スルーしなかったか。

それは、
おっちゃんの口にした日本語の名前が、

滅茶苦茶、よく知ってる名前だったから!

えっ!
キミは、こんな姿をしていたのっ? と、
おっちゃんに差し出されるまま、味見したら、
これまた、結構、美味いのだ。

そんなわけで、お買い上げ~。

この子の名前は、
さて、何でしょう?












続きを読む

赤い棒の正体

20090317215809

台湾からの飛行機に預けて、持ち帰った、
赤い柄のホウキ。

2年前の台北旅行、
西門町の「阿宗麺線」の店の前に、
全く同じのが、立て掛けてあって、
「かわいいなぁー♪」と見ていたんだけど、

その時は、ホウキとかヤカンとか売ってる店でも、
同じのは、見掛けなかったの。

忘れもしないわ。
その時、写真に撮ったもの。

続きを読む

    たまご時計
10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
プロフィール

くすか

Author:くすか
服着て歩く好奇心♪
自分で描いた旅行記マンガを引っ提げて、時たま、同人誌即売会に出没中。
にゃごや~在住。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◇無料占いアイテムはここから!◇
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。